今から競輪を始めよう あっというまに上級者になれます

基礎知識
スポンサーリンク

競輪は勝てるギャンブル

競輪は競馬よりむずかしいな
とおもわれてます


展開とか読めないし
選手覚えなきゃいけないし

でも競馬ってそんな簡単ですか?

実際には展開読んで
馬のことも覚えなきゃならないですよね

競馬は競輪よりはるかにむずかしいです

競馬が簡単だとおもってるひとは
単純に馬のスピードしか比較してないのでしょうか

この馬はこの馬より強いぞ

この馬が力出せば1着だ

こんな考えで何十点もの馬券を何万円も買います

実際に競馬を研究してるひとはいます

10数頭の前走のレースビデオ全部みて

どこでどれくらいの不利があったとか
全部チェックして


初顔合わせも多いのに
全部比較します

それにあんな広いコースを走ります
内と外で全然距離が違います

実際のレースのペースや不利を予測するのは
あまりにも無謀におもわれます



1レースの予想だけでこれだけの労力がかかります



そしてまた次のレースを検討します

出走する10数頭のレースのビデオを
あっちこっち見て

全頭の力を比較して
ペースや不利を予測して

これを延々繰り返します


馬の知識を得ても
馬は5年のサイクルでピークをむかえ

老いて引退してしまいます

これを競輪におきかえてみます


同じようなメンバーで走ります
翌日も同じようなメンバーで走るので

全員の脚力の比較が割と簡単です

選手は20年30年のスパンで走ってくれるので

選手の知識が無駄にならずに
どんどん溜まります

ファンの高齢化問題

若者の新規流入はありません

競輪の予想のセオリーは
30年前40年前からほとんどかわっていません

ルールはドンドン変わっているのに
現存の高齢者ファンは昔のセオリーのまま車券を買います

新しい入門書もありません

競馬の勉強が好きな若者は
その労力をぜひ競輪に向けてください

このブログのどのページを読んでも
メインである高齢者のファンがしらないことばかりです


あっというまに上位1%の上級者
勝ち組になれます

それでは

競輪に行ってみよう

競輪は5~7人でバンクと言われる楕円形の走路を数周します

初めから全力では
すぐに疲れてしまうので

ペースが上がるのは最後の一周くらいです

選手にとってライバルは
ほかの選手だけではありません

最大の敵


それは風です

普通に走ったらどうしても
風の抵抗を受けますので

かならず人の後ろについて風よけにします


一番先頭でも先頭誘導員という
レースとは関係ない風除けが走っています

みんなが人の後ろを走るので一列に並びます

しかしそのままでは
後ろのほうに位置してる選手には
勝負権がありません

ですから風の抵抗を受ける覚悟で
先頭にでようとする選手がでてきます

これが自力型選手です


このように自ら風除けになってくれる
選手がいるのでこれを追走する選手も当然でてきます

これがマーク追い込み型選手です

さらにこれをマークする選手もでてきて
自力型選手を中心とした集団ができます

これをひとつのラインとよびます


レース番組は任意に組まれます

自力型が2人か3人
残りは追い込み型

といったバランスよい組合せになります


自力型3人にそれぞれ
追い込み型がマークする形になり

ラインが三つできます

なんでラインを組んでたたかうの

競輪はライン同士の戦いともいえます

一人の力だけでは決して勝てません

ラインの先頭の自力型選手は積極的に前に出ます

ラインの後ろの追い込み型手は
他のラインを前にださせないようにします

このようにライン全員で協力して
最終4コーナーを先頭で廻ってきたら


後は味方のラインも関係なく
直線目一杯踏むだけです

競輪は団体戦で最後の直線から個人戦に
なるといった感じです

ラインの考え方や
動きを予測すれば車券的中までグッと近づきます



コメント

タイトルとURLをコピーしました