カンナ削りって知ってる?取手競輪平塚競輪


たびたび出てくる競輪難解用語のひとつ「カンナけずり」

たま~に解説者のかたが説明してるけど、みなさん反応が悪いので理解してる人が少ないのではとおもいました

広告



1日1回clickでblogを応援♡


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

内側から抜いてはいけない

競輪の競走では基本的に内側から抜くのは反則と理解してください

バンクには3本の線が引いてあるのはご存じでしょうか

外側からイエローライン
外帯線
内圏線

通常、周回中は外帯線の内、内圏線の外を走ります


この内外線間を走ってれば内から抜かれることはありません

抜いたら当然反則になります

出典 https://keirin.jp

ところがこの内外線間のレールをはずれて、大きく外を走る選手がいます

この場合に限り内側から抜いても反則になりません


厳密に言うと外帯線よりちょっとでも外側に出れば、そこに突っこんでもいいんです

そのあとに外帯線の内側に戻ってきても、すでに前輪が差しているのでこれは併走になります

併走ならどちらが前とか後ろとかないので、抜くとか抜かれるとかありませんので反則にはなりません


よくラインの三番手の選手が「しっかり内を締める」なんていいますが、これはちょっとでも外帯線をはずしたら別ラインにインからはいられてしまうので気をつけるということです


内側追い抜きのルールをだいたいでも理解いただけましたでしょうか

カンナけずりとはこのルールを悪用したタブー視されている戦法です


スタートの攻防がわかりやすいです

スタートで1番車3番車が勢いよく出てスタート争いになり、1番車が勝ちました

2番車はスタートで中団がほしいので1番車のすぐ後ろを追走します

3番車はスタートに負けたので下がるしかありません

このときに外帯線をはずさず、ピッタリ内外線間を下がってきたらどうなるでしょう



2番車はスタートをとった1番車のすぐ後ろにいますが、3番車も内外線間を走る前走者ですので、3番車より前に行くことは内側追い抜きで失格となってしまいます


2番車はせっかくいい位置がとれたのに、3番車が下がってきたら一緒に下がって一番後ろになるしかありません

こんなふうに不利な位置になりそうな選手が、いい位置をとるためにルールの盲点を突いた戦法がカンナけずりです

広告

今日の予想イロイロ

【無料】11/7今日の予想いろいろ取手競輪 平塚競輪|スパイ子spike|note
更新予定です ♡マークをクリックしてフォローしてお待ちください 二車単推奨 取手競輪 3R 4=7-125 4=25-257 4R 1=4-357 7-14-134 1-7-345 7R 5-127-127 11R 3=7-124 7-1-23 平塚競輪 1R ?-??-??? 2R ?-??-??? 3...


無料登録してネット投票 招待コードIZCTASF3を入力で軍資金GET

オッズパーク


チャリロト

当たるんです


競輪に行ってみよう - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました