競輪の468選手の1着はいつ買えるのか

三分戦
スポンサーリンク

468選手はいつ1着くるの

競輪の番組を決めるとき
競争得点の低い3人に

4番6番8番が割り当てられます

とくに緑の6番車はメロン

と呼ばれ
大穴の代名詞として親しまれてます
(初出は江藤みき氏)


人気薄の468(ヨーロッパ)の選手が
1着できたらとんでもない大穴になります

狙って車券とれたら必勝です

今回は地力型の468に限った話をします

競争得点低くて
決まり手 逃げ1 マクリ1 バック

普段は後ろ攻めから
前をおさえて脚がいっぱい

みたいな選手が

いったいどうやって1着をとるのでしょう

いくつかの条件があります

先行一車
三分戦四分戦で1番車つき
先行争いがあるとおもわれてる

先行一車


みなさんご存知のやつです

しかし意外と買えないんです

格上のマクリ選手
マクリ1 差し4 バック0

みたいな選手が
最後追い込んでくると
考えてしまいがちです

なぜ先行一車が有利なのか
もう一度確認しておきます

それはペースです
スローペースで体力温存できます

誰も来ないなら踏みません

いくら格上でもバック0の選手は
理論上バックまで仕掛けません

仕掛けてきてから
初めて踏めばいいんです

スタミナが有り余って
ゴールまでどんどんスピード上がりますから

追い込める選手はいません





三分戦、四分戦で1番車つき

いわゆるスタートでいい位置とれるです

強い逃げがいない
一般戦などがねらい目です

他の選手が適当に脚使ったあとに

楽に前でて
先行一車みたいな走りができます

一般戦ですから勇気を出して
早めにこれを叩く選手は少ないです

それと一般戦では
番手の選手も弱いです

後ろチギレて
一人でカマシてくるかもしれません

後ろにハマったら差して1着です


先行争いするとおもわれている

弱い逃げ二人

プラス本命格上のマクリ屋
の三分戦

逃げて弱い
マクってって弱い選手ですから

必死に前々いきます

うまくいけば先行一車みたいな
走りができるかもしれません

本命のマクリ屋
しめしめと下げます

ところが弱いからこそ
中々先行争いにはなりません

弱いもの同士
折り合ってしまいます

先頭はマイペース先行
もう一人は単独四番手

ほぼサラ脚でまわってるかもしれません


これだとどちらも
1着のチャンスがあります

先行争いになったとしても
番手ハマリがあるかもしれません

チギレそうな番手選手がいたら注目です

名人の予想↓↓


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ

2020/06/17西武園競輪7R

53 74 29

本命1根本哲吏が前取るのでしょうか

8格清洋介6土屋壮登
叩いて先行

ここで踏みあいになれば
1根本哲吏マクリごろ

折り合ってしまったら
8格清洋介マイペース先行

1根本哲吏超地脚系マクリ屋です
7番手から一気にカマシはありません

中団追い上げ
じっくりマクリにかまえてくれれば

1着はないでしょう
ダッシュない選手

スローペースでは
なにもできません


8格清洋介を買います

8=7


結果は後ほど

結果です6/17西武園7R


6土屋の頭で60万車券でした
メロンチャンスでしたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました