競輪で1枠が好きなとこ取れて有利ってどうゆうこと?

スタートで有利な位置をとりに行く

三分戦なら

周回中
みっつのポジションがあります

S    一番前
中団   真ん中
後ろ攻め 一番うしろ

1番車の選手が好きな位置が取れて有利といいますが

好きな位置とは一体どこでしょう

先に答えを言いますと三分戦ならだいたい

真ん中 中団です

広告

選手にはスタミナの限界値がある

どんなにスピードがあっても途中でスタミナがなくなっては失速してしまいます

限られたスタミナを無駄なく使うことができれば

それが最高のパフォーマンスになります

レース形式でみてみましょう

たとえば
あなたのスタミナ初期値を100スタミナ →100Stとします



100%全力で出せる速度100%スピード 100%Pとします



周回中はゆっくり40%でまわってます

人の後ろまわって風を受けません
スタミナ消費は0STです

広告

速度を10%P上げるごとに
スタミナが1ST減っていくとします

ですから
周回中の40%Pから→全力スピード100%Pまで上げるには6STのスタミナを消費することになります

全力の100%Pで走っていると強い風を受けてスタミナを大きく消費してしまいます

100メートル先頭で風を受けるごとに20ST消費するとします



70%Pで走れば100メートルごとに10STの消費ですみます

スピードを上げきるまでの距離も風を受けるのでスタミナを消費する計算になりますが、あなたはダッシュが良くてすぐに100%Pまで出せますのでスタミナ消費はないものとします

広告
Z=あなた AラインBラインの三分戦です

三分戦の後ろ攻めを選びました

A- B- Z--


あなたは40%Pで周回しています
スタミナは100STまるまる残ってます


残り二周から70%Pの力で前に出ました

そのまま先頭にたって先行して
100メートル風を受けて走りました

スタミナ3STプラス10ST消費しました


そこで

Bラインがうしろからカマシてきました!

あなたは100%Pまで加速してBラインを振り切り、
さらに200メートル先頭で風を受けました

2STプラス40ST消費しました


ゴールまで残り一周400メートル
スタミナ残り45PTしかありません

一旦スピードを70%Pに落としました

ラスト半周
200メートル進んだところで


今度は

Aラインがまくってきました!

3ST消費して100%Pまでスピードをあげます

全力疾走です



4コーナー入り口手前で0STになってしまいました

力尽きて7着でした

全力で風をうける距離が長いとスタミナを早く消費します

踏んだり止めたりすると地味にスタミナを消費してます

それと
自分ばかり風を受けてますが

他のラインにもっとスタミナ消費してもらえば

相対的に最高のパフォーマンスになるのではないでしょうか

広告


そうだ

スタートで前をとって最後に仕掛けてみよう

Zーー A- B-

Bラインが後ろからおさえる

スタミナ温存してまだ70%Pで走ってます

Aラインがカマシました!


Aラインの三番手についてけば風除けになるのであなたはまだスタミナ消費0STです


Aにとって全力100%Pで先行するにはまだゴールまでの距離が長いです

スタミナ温存して70で%P走ってます


あなたは得意のダッシュで一瞬で100%Pにもっていき、前にでます

100%Pのスピードをキープしたまま1着でゴールを駆け抜けたとき

ちょうど全てのスタミナを使い果たしました

一回も踏みなおしをしないで
短い距離しか風を受けていません

広告

スタミナを効率よくつかえました
これが最高のパフォーマンスの1例です

これがカマシ先行です

現代競輪でカマシ車券が最強なわけ
競輪選手はみんなスタート中団からのカマシを狙ってる。なぜ内枠が有利なのか1枠のスタートに注視すれば車券的中に近づく

一見、スタートで前を取ってカマシは最強におもえますが、が途中でスタミナなくなってもいいから全力100%Pだしてしまおう

誰も前にださないぞと考える場合もあります

そうなると一度も前にでるチャンスがないかもしれないです

広告

確実に1度は前に出たいと考える


確実に一度は前に出て先行するには、やはりスタート中団真ん中がいいです

ここからなら多少ダッシュがなくても確実に一度は前に出て先行することができます

ダッシュが全然なくてカマシで一番前まで出る自信がないなら
一番後ろ 後ろ攻めを選びます


1枠の選手に好きなところを取られてしまえば
他の選手は自分の好きではない位置を仕方なくとります

車番が悪いと割引となります



ところで

1枠はどうやってスタート好きな位置をとっていのるか

広告
スタート一番前をとりたいとき

スタート速い2枠の選手も一番前狙っていたら

内側から抜きます


内側から抜くのは反則になりますが


これは厳密には抜いてません

ルールでは完全に一車身はなされない限りは

併走とみなします

タイヤ一本分でも差してればこれは併走になります

併走ですからどっちが前とか後ろとかはありません

抜いたとか抜いてないとかはないのです

スタート勢いよく出てとにかくまるまる1車身以上離されなければ

そのまま内から抜けばいいのです

完全に1車身以上はなされてるのに内側から抜いたら1コーナー審判員が赤旗をあげます

100%失格になります

広告
スタート中団をとりたいとき

1枠2枠
双方が中団とりたいときも同じです

2枠の選手がスタートがまんします

このとき1枠の選手は一車身以上離されないように注意しながらがまんします

タイヤが少しでも差してればOKです


外枠の選手が前をとりにいったら2枠の選手を内側から抜きます

厳密には抜いてはいないですけど

これで中団を確保できます

広告
SPIKE スパイク|note
真面目に競輪の研究してたら回収率はずっと100%近辺  初心者にもわかる展開予想ブログ。 買い目は絞って切り捨てて。 毎回三連単20点以上買ってたら まず回収率100%上回ることはできないでしょう

コメント

競輪に行ってみよう - にほんブログ村

投票サイト

タイトルとURLをコピーしました