【ブーメラン戦法】7車立て二分戦でよくみる展開

最近実況でもよく聞くブーメラン戦法てナニ?


これは二分戦で後ろ攻めになった選手の戦法です

ミッドナイト競輪では二分戦が多いのでよく見る人もいるでしょう

二分戦ですから必ず前受けのラインと後ろ攻めのラインがあります

赤板で後ろ攻めのラインが前をおさえます
400Mバンクではルール上許される最も早いタイミングです

先頭誘導員を退避させます

先頭誘導員を退避させたら後ろ攻めの選手が元の位置にもどる

先頭を走る風除けの誘導員ががいなくなれば
前受けが少しでも不利になるという考えの戦法です

広告

前受けの選手はすんなり下げるわけにはいかないの?

前受けの選手はすんなり下げず突っ張り気味に踏みます
先頭誘導員が退避するまえに下げたら
今度は逆に誘導を使われてしまいます


二分戦の基本は逃げて差されるです

前受けの選手がなにも抵抗せずすんなり下げてもカマシマクリごろにはなりません
後ろが仕掛けなければ前はマイペースで先行できます

ですから多少無理してでも一旦前にでてしまえばラインとしての勝率は高くなります

広告

でも長い距離の先行はちょっと

とはいっても長い距離風を受けるので
先行実績がなかったりスタミナに自信がない選手にとっては勇気がいります

二分戦で後ろになったら前をおさえて先行するのがセオリーですが

先頭誘導員がいなくなるなら
やっぱや~めたって感じで元にもどってカマシマクリを狙います


それでもたいして成功率はあがりません

二分戦なのにどちらも先行したくない場合に少しだけ有効です

結局は長い距離先行できる選手が有利です

長い距離を先行できる選手とは
出走表のBの数が多かったり、逃げの決まり手が多い選手です

広告


人気ブログランキング
広告

noteで毎日無料予想更新

SPIKE スパイク|note
真面目に競輪の研究してたら回収率はずっと100%近辺  初心者にもわかる展開予想ブログ。 買い目は絞って切り捨てて。 毎回三連単20点以上買ってたら まず回収率100%上回ることはできないでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました