七車立の三分戦でスタートの並びから展開を予想してみる

三分戦
スポンサーリンク

7車立てのレースでは
ラインは多くても三つしかできません

言ってしまえば
一番複雑なレースが三分戦ですので

これを攻略できれば
どんなレースも読めるようになります

そんな単純にはいきませんが
今回は三分戦についての私なりの考えを述べていきます

まずはスタートの並びから
これを間違えると展開がまるで違って
的中から程遠くなってしまいます

逆にいえばスタートの並びさえ当てたら
それだけで車券も的中
なんてこともあります

私の場合はスタートから展開全て読んで
最後差すか差さないかまで読みます

ですから買う車券はほとんど1点か2点です
たまにしか当たりません

車券を当てたい方は裏表をを買ったり
頭だけ決めて2着全通り買うなどといった買いかたがいいでしょう

ただし当てようとすると儲かりません
徐々に買い目を絞っていくのもいいでしょう



スタートの並びは
前受け 中団 後ろ攻めの
三つがあります

1枠がいるラインが中団

外枠しかいないラインが後ろ攻め

残ったラインが前受け

三分戦の50%はこうなります


スタートの並びがわからなかったら
これで予想をスタートしましょう




レースは後ろ攻めから動きます

動かなければ
一番後ろのままでレースが終わってしまうからです

スタミナがたくさんあればこのままゴールまで全力疾走です

ゴール前までまだスタミナがあれば後ろに差されず1着です

最後差されるか差されないかを
競争得点から予想する人もいます

84点の先行を90点の選手なら差すといった具合です

私の考えは84点の先行でも
最後スタミナが残ってれば差されないです



ゴールまでのスタミナが足りないと
おもえば全力疾走はしません

スタミナが足りる距離まできたら全力疾走します



スタート中団の選手は
後ろ攻めの選手を追走します

前受けの選手は下げて脚を貯めます
一番後ろまで下げるという考えもありますが

よっぽどダッシュとトップスピードに自信があったとしても
これはいただけません

後ろ攻めの選手は誰もこなければ
のんびり先行できます

中団の選手はなにもせずに先行の三番手です

自分が一番後ろになってしまうのも
かなりの不利ですが

何より他のラインに楽をさせてます

よって基本的に
前受けラインは先行の三番手より下げません

中団の選手は先行の三番手で
前受けラインの外側で併走になります

外併走では先行してる選手と
同量の風を受けることになります

それならと前を叩いて先行します

後ろ攻め選手がスタミナに自信あれば
先行争いになります

自信がなくて下げれば
今度は中団の選手が楽に先行します

たとえ後ろ攻め選手が踏んでも
中団の選手にダッシュがあれば

一気に前に出て楽に先行できます

スタミナが足りるなら
ここから全力疾走です

前受けの選手は
基本的に展開待ちです

じっくり脚を貯めて
他のラインがスタミナを失くす展開になってくれれば
ラッキーといった感じです

すんなり一番後ろまで下げて
他のラインに楽させても
すごいスタミナがあれば
ロングスパートができます

スピードがあればあっという間に
一番前まででることができます

結局は
ダッシュとトップスピードとスタミナが豊富ならば
スタートの並びや展開は関係ないですが

そこまで力が離れてるレースはまれですので

やはりスタートの並びを決めて
各選手の脚力から展開を読んでいきましょう

2020/07/07青森競輪7R

3森田康嗣がスタート出て
7佐藤祐一ラインが中団とみます

6阿部架惟都が前をおさえます
3森田はダッシュに自信ある選手なので
一番後ろまで下げます

7佐藤祐一がすんなり中団で恵まれそうです
7佐藤はマクリが多い選手ですが
それほどダッシュがなくむしろ地脚系です

ハイペースに乗ってマクリを決めますが
スローペースでは割と苦労します

このレースではすんなり三番手で恵まれそうですが
よくみると6阿部架惟都も恵まれそうです

スタミナ豊富ですので
誰もこなければ自分のペースで先行できそうです

7佐藤がすんなり三番手でも
仕掛けが遅ければ

6阿部架惟都はゴール前まで
スタミナを貯めることができるかもしれません

3森田の動きが頼りですので
7佐藤が100%すんなり中団とも限りません

6阿部架惟都が間違って
スタート前受けか中団からなら
さらに楽な先行になります

現代競輪でカマシ車券が最強なわけ

予想は
6-4

7佐藤のマクリ追い込み不発で
番手1小笠原昭太の2着

6-1です

結果はのちほど

最高12億円!Dokanto!販売!【オッズパークLOTO】



青森競輪7Rの結果です7佐藤ー1小笠原ー6阿部

6阿部が初手中団からになったので頭は固いとおもったら、後ろから抑えた7佐藤についていかず。これについていって一番前まで出れば誰も逃げないのでマイペース先行できたのに。自ら一番うしろまで下がりカマシでゴールまでもつ距離がくるまでずっと待ってました。このような運行で1着取れるのは脇本だけです。後ろで待っていても前が踏むだけです。なんとか一番前まで出られましたが普通は出切ることすらできないでしょう。ほとんど目撃したことのないような下手なレース運びでした。さらに3森田ですがなにもしないで先行の3番手が取れてこの結果です。短い距離しか踏もうとしない選手はいくら展開向いても勝つのはむずかしいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました